iPhone iPadがウイルスに感染しない2つの理由

 iPhone、iPadはウイルスに感染する心配は不要です! 安心して使って大丈夫です(ただし盗難・紛失の危険はありますよ) では、どうしてパソコンやAndroidにはある「ウイルス」がiPhoneやiPadにはないのでしょうか? その理由を説明します。


理由1 アプリをiTunes以外からインストールできない

 iPhoneって、iTunes以外のとこからアプリをインストールできないですよね。これがウイルスにとっては都合が悪いんです。iTunesで公開されているアプリは、全てappleの審査を通過しています。なので問題があるアプリはiTunesで公開されないのです。当然、この時にもしウイルスを含んだアプリは審査にひっかかって落とされます。一方、Androidでは公式サイト以外からもアプリをインストールできるため、アプリにウイルスが紛れ込んだりすることがあります。

理由2 同時に複数のアプリを起動できない

 iPhone、iPadでは一度に一つのアプリしか動かすことができません。なので、Androidのようにユーザーの知らないところでウイルスに感染したアプリが勝手に動いて悪さをする、といったことがそもそも不可能になっています。

盗難・紛失のリスクは無視できない!

 ウイルスの心配をしなくていいiPhone、iPadですが、盗まれたりなくしてしまう危険性は非常に大きいです。「うっかり」に備えて、簡単に・今すぐ・無料でできる対策を紹介しているのでぜひ読んでください!

盗難・紛失からiPhoneをまもる
気をつけていても起こる「うっかり」への備えを紹介!